プロフィール

信州マスター

Author:信州マスター

長野県YH協会





若旅★インタビュー

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking


↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキングにエントリー中です。応援のワンクリック
ぜひお願いします!

月別アーカイブ

カテゴリ

信州ツーリズム情報局 
信州全20軒のユースホステルオーナー(マネージャー)が、旬の旅情報をお届け! 季節の話題、イベント情報はもちろん、ユースホステル運営にまつわる、生活感たっぷりの(笑)奮闘記も綴って参ります
超人気そば店はやはり味も接遇も一流な
戸隠の超有名そば店「うずら家」。
いつも行列が絶えることがありません。

レストランクチコミサイト「食べログ」では3.74という驚異のハイスコア。

折角泊まりで戸隠に来たので、並んでみることにしました。

長野駅からのバスを中社で降りて、店に直行。

時間は1330過ぎでしたが、このひとだかり。


予約シートに記帳し、約40分待ちと伝えられました。
待ち人に対応し捌くく役割は、大抵パート従業員と相場は決まっていますが、此処は店長、つまり主人が役割を担っています。

これくらいの繁盛店ともなると、決まりきった台詞で淡々と客を捌いていきそうなものですが、まったくそんな感じではありません。

客の目を見て、自分の言葉を用いて、心をこめて言葉を発しています。

待たされる客も不快な気持ちにはなりません。

そして約30分後、店長みずから私の前を行き、二階の座敷に通されました。

天ざる大盛
きのこの大根おろし合え

を注文。

待っている間、テーブル横に添えられたそばの栞を一読。

誰が書いたのか、並々ならぬ名文におもわず唸りました。

戸隠を愛し、蕎麦を愛する気持ちが伝わってきます。







メニューは豊富




まずはきのこ


そば。


戸隠ならではのボッチ盛りで、水切りは控えめ。
本わさびとキレある辛めのかえしがよく合います。


天婦羅は焙煎胡麻油でガラリと揚げられています。


蕎麦湯も沢山頂きました。



食べ終わる頃には2階席には誰もおらず。


非常に満足しながら支払の時に尋ねました。

テーブルにある栞の名文は何方の作ですか?

パートらしき女性が厨房の店主を呼んでくれ、出てきた主みずから笑顔で答えてくれました。

実弟が書いています。新聞も三紙愛読していましてね、好きなんですよ。書くことが。私にはそんな芸当ありませんけれど(^_^)v


忙しさに負けず、ひとりひとりの客への丁寧極まりない、でも恭しくもない、そんな店主の人柄が並々ならぬ蕎麦の味をさらに高みへと引き上げていることには疑いの余地がありません。

商売人の一人として、大切なことを気づかされたような思いがしました。


みどり湖PA上り線限定 山賊ラーメン
すっかり有名になった信州b級グルメ山賊焼き。

塩尻、松本地域には名店がひしめいていますが、高速道路のSA各所でその味を堪能できます。

中でも一押しはみどり湖PA上り線 白樺亭 が頭一つリードしているといえるのではないでしょうか?
なんせ食べログにおいて塩尻市のレストランランキング堂々の5位の3.50ポイント。


先日、用事があって静岡に行った帰り、諏訪付近で夕暮れを迎えまして、少し早い夕食をとみどり湖PAで休憩をとることにしました。


お目当ては山賊ラーメン。

しかし下り線ではなく上り線でしか食べられません。

ところが。

ここのPAは陸橋を経由して、徒歩で上下線を往来することが可能になっています。
NEXCOのサイトでもその仕組みが説明されています。


早速移動してみることにしました。






所要時間はほんの3分。






そしてお目当ての白樺亭上り線。


下り線も同じ会社なのですが、なぜか山賊焼きメニューは上り線が圧倒的に充実しています。


食券券売機前で一瞬どれにしようかと迷いましたが、初志貫徹して山賊ラーメン 650円を注文。


そして出てきたのがこれ。

予想をはるかに上回るインパクトにちょっと驚きました。

650円といえば、普通の醤油ラーメンの値段か、それよりも安い感覚です。
しかしここのヤツには巨大なから揚げモモ肉一枚分がドッカと乗っかっています。

調理現場の人間から言わせてもらうならば、おそらく一枚当たり180グラムはくだらない大きなモモ肉を使っているので、肉代だけでも100円近いはずなのです。

そこに調味液、衣、揚げ油、その他手間賃を考えますと、一枚当たり200円は軽く超える山賊焼きがこのどんぶりに鎮座していることになります。


よく観察しますと、クリスピーに揚がったモモ肉の山賊焼きを縦に二つに切り分け、下端がわずかにスープに浸っています。
サクサク感もまた山賊焼きの魅力の一つですから、パーツ全面をスープに浸漬してなるものかという調理人の信念を感じます。(^^;

食べる側としても、サクサク感をできるだけ長くキープしたいと考えるのが普通。
なので、極力に衣がスープを吸い込まないよう、衣を液面に着水している時間をできるだけ短くしようと努力します。
結果、必要以上に焦って口に運んでしまいます。(おそらく多くの人がそうしているはず。。。。^^)

なかなか濃い味付けの山賊焼きにしっかり味の醤油スープ。
病みつき系な逸品といえまして、週末はかなりの混雑ではないかと推察されます。

久々にスーパーバリューな一杯にめぐりあえた感があり、心も体も十分すぎるほどの満足感を得て上り線を後にし、クルマを停めた下り線へと移動しました。

是非お勧めします。

中央道みどり湖PA上り線
白樺亭