FC2ブログ
プロフィール

信州マスター

Author:信州マスター

長野県YH協会





若旅★インタビュー

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking


↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキングにエントリー中です。応援のワンクリック
ぜひお願いします!

月別アーカイブ

カテゴリ

北信州のホステル稼業日誌 
ホステル&ゲストハウス経営にまつわるチョット面白い話を小出しに紹介して参ります。宿屋歴20年の中年オヤジの戯言(^^)
臭いものにふたをし、自分には責任がないという前提
今から19年前、私が宿を始めた時の話です。

当時すでにユースホステルの客数が目に見えて減り始めていました。


会議の場で頻繁にこんなことが語られていました。


●最近の旅人は海外志向だから、どうしても国内の利用者が影響を受ける。
減少やむなし。


そんな論調でした。


5‐6年前、ゲストハウスが目立ち始めたころはこんなことが語られていました。


●ゲストハウスはユースホステルに比べて交通の便の良い場所にあるから、ユースホステルは不利。
劣勢やむなし。

ユースホステルの利用者平均年齢が50歳を下らない現実に対しては


●経営者が高齢化しているから、集まってくる客もどうしても高齢者が主体にならざるを得ない。
しかたがない。


これらの弁明に共通しているのは、



1.客観的分析もなく
2.自分には非がない(営業上の不備はない)



ということを前提に自己防衛に走っていることにあります。


自分には非がないことが前提なので、やるべきは自己分析ではなく真っ先に


広報しよう


ということにばかり終始しがちです。

しかし。我々が「広報」という言葉を使うのには若干の、いや、かなりの違和感を覚えます。

村の広報、プロ野球球団の広報。

広報とは、すでに存在とその意義が認められている団体が、メディアに取り上げてもらうために「お知らせ」として行うものです。
一言で言うならば、企業がメディアに情報を発信する活動を「広報」と呼びます。

しかしながら、ユースホステルが宿泊施設としてマイナーな存在となり、その存在感が薄れてきてしまった昨今、まず行うべきは、我々の至らない部分を分析し、それらを改善すること、つまり

戦略立案

であり、その戦略に基づき魅力ある宿泊施設になるべく努力をすべきなのですが、そこの部分に一切手を付けずに、まずは広報せよと年配者たちが躍起になっています。

しかし広報活動を行えど、メディアに取り上げてもらえないのは、存在自体が魅力的ではないという可能性があります。
その部分をおざなりにして、広報!広報!と躍起になっています。


ろくな観光地の整備もせずPRしようとする役所のノリそのものです。


ユースホステルの会員を増やそう!


と、関係者はことあるごとに叫びます。
しかし、ほとんどのユースホステル経営者は自分でユースホステル会員証など持っていません。(私は持ってますが)


本当に魅力的な有料会員制度であれば、まずは関係者が所持してもいいものですが、実際ユースホステル経営者がユースホステルを利用して旅することなどほとんどないので、結局誰も会員証など持っていないのです。


魅力的ではないものをどの様にして売るのか?

そんな不思議な魔力を持っている人がいれば、是非教えてもらいたいものです。


なんとかならんものですかね?ユースホステル界。(^^)


↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。
お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★

毎日更新!北信州の宿・高社山麓みゆきの杜ユースホステルOFFICIAL SITE




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://shinshumaster.blog121.fc2.com/tb.php/761-f5f355ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)