FC2ブログ
プロフィール

信州マスター

Author:信州マスター

長野県YH協会





若旅★インタビュー

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking


↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキングにエントリー中です。応援のワンクリック
ぜひお願いします!

月別アーカイブ

カテゴリ

信州ツーリズム情報局 
信州全20軒のユースホステルオーナー(マネージャー)が、旬の旅情報をお届け! 季節の話題、イベント情報はもちろん、ユースホステル運営にまつわる、生活感たっぷりの(笑)奮闘記も綴って参ります
「個人商店は3年続いて本物」ですか? なんだかレベルの低いお話で(^^)
なんだか最近この手のブログの記述を読み漁るのが面白い宿主です。

開業もしていないのに、ゲストハウス開業ハウツーを語る人
開業の嬉しさのあまりに「開業相談に乗ります」と後進の世話を焼く人

昔の私を見ているようで面白いです。

しかし気になるのは、わずか1年~3年できっぱりやめてしまう人がとても多いこと。

ゲストとの交流を打ち出し、付きっ切りで表に出ずっぱりだと、よっぽどの人でない限り疲弊してきます。
皆がみんな話の合う人ばかりとは限りません。

よく「宿屋は24時間営業同然」という人がいます。

でも、19年営業してきて、そんなことを感じたことは一度もありません。これ、事実です。

お客さんは壁一枚隔てた先でいびきをかいて寝ていますが、夜中に起こされたことは一度もありません。
昼間の時間帯は私的な時間です。確実にプライベートな時間が確保されています。

家事と仕事が同時進行しているので、「いつでも仕事」という感じではありません。

2-3年で辞めてしまう人は、売上の伸び悩み云々の前に、精神的に疲弊してしまって続けられれなくなる人が少なくないのではないかと思います。

交流の押し付け、地域おこしの使命感などなど。
盛業のゲストハウスの共通項のようないわゆる「キラキラ要素」を押し出している若い人ほど、燃え尽きてしまうのが早いのかもしれません。

あんなにオシャレで、意識高く、時流に乗ってきたと思われるような人たちが次々に閉業。

そもそも開業することで何を目指すのかで、理想となる数字は全く違ってきます。


1.ビジネスとして会社の利益を追求する

2.生活の糧として営業する

似ているようですが全く違うと私は思います。


ウチの場合は2.です。ひょっとしたら多くの個人事業者はこちらではないかと思います。

でも、1か所目が盛業で、業務拡張するオーナーは、1.を目指そうとします。特に都市部のホステルの場合はこちらの志向の強い人が多いようにも感じます。

でも、ビジネスを優先してしまうと、結局人を雇うことになります。
何のためにゲストハウスを始めたのか、そんな初心が希薄になってしまう人もたぶんこの世界にはたくさんいると思います。

人気ゲストハウス程、スタッフの数が潤沢に見えます。
オーナーではない雇われオーナーが日々業務にあたる、そんなお宿さんは沢山存在します。

先日興味深いブログを見つけました。

とある観光地でゲストハウスをはじめ、やがて業務拡張していったオーナーさんのブログです。

====

今晩、何ヶ月かぶりにxxxホステルの夜シフトに入りました。最近は、現場に出る回数も減り、出たとしてもxxxxx(別店舗)にいることがほとんどでした。
ふと、共有スペースにいたドイツ人の女の子と話すことになり、色々話している最中、このホステルはどれくらい営業しているのかと聞かれました。
カレンダーを見ると、5月29日。
ちょうど2年前xxxホステルが開業した日でした。
完全に忘れてました。
今日は開業2周年。
彼女に聞かれなかったら、大事な日を何事もなかったかのように過ごすことになりそうでした。
急遽ビールを無料で振る舞うことに決め、手当たり次第ビール飲んでね!とゲストに声をかけると、自然と会話の輪ができとても良い雰囲気になりました。
昨年の1周年記念の時は盛大にパーティーを行い様々な人に祝ってもらいすごくテンション上がりましたが、今晩は去年に比べると静かでしたがその分幸せを噛みしめることことができました。みんなありがとう。
ドイツ人の彼女に、今日は2周年だったねなんて話をしていると、ドイツでは「個人商店は3年継続できて本物」という言葉があると教えてくれました。
最初の1,2年はみんな頑張るけど、3年を待たずして閉店してしまうお店が多い。しかし3年を越えるとその後も継続してお店を続けられるんだそう。
確かにその通りなのかもしれないと思いました。
3年間個人商店を続けられるモチベーションを保つことも大変だし、時代の波に飲み込まれずかつ時代に置いて行かれないように経営努力をすることも大変です。
xxxホステルはまだ2年。
あと1年絶対続けられるように、今後も頑張ろうと決心した夜でした。


===


たったの3年?
3年たてば本物?

商売のサイクルはそんなに短いのですか?なんだかずいぶん志の低いお話のように思えます。

たしかに飲食業を代表とするいわゆる「水商売」はさもありき。
でもゲストハウスもそのカテゴリーとして捉えられてしまうと、チョット違うのではないかと思います。

ビジネスではなく、生活の糧、飯のタネ、というのであればもっと長い目で営業していられるのではないかと思います。
もちろんそのためには、それなりの知恵が必要なのは言うまでもありませんが。



スポンサーサイト


トラックバック
トラックバック URL
http://shinshumaster.blog121.fc2.com/tb.php/754-92892339
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)