FC2ブログ
プロフィール

信州マスター

Author:信州マスター

長野県YH協会





若旅★インタビュー

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking


↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキングにエントリー中です。応援のワンクリック
ぜひお願いします!

月別アーカイブ

カテゴリ

北信州のホステル稼業日誌 
ホステル&ゲストハウス経営にまつわるチョット面白い話を小出しに紹介して参ります。宿屋歴20年の中年オヤジの戯言(^^)
キラキラゲストハウス!?バブル崩壊の予感
ここ数年右肩上がりで増え続けてきたゲストハウスですが、2018年を境に状況が変化してきたように思えます。

地域交流
地域文化の発信
古民家リノベ
クラウドファンディング

などのうたい文句を前面に開業を志願する人が増えてきましたが、これらは


キラキラゲストハウス


などと呼ばれているようです

そんな折、面白いブログを見つけました。

ゲストハウス文化もいよいよ終焉を迎えるのか


ですが、そうしたブームも転換期を迎え、同時に廃業を考える人も増えているようです。

雇われない生き方を目指すことにしました



京都では民泊新法施行をきっかけに、簡易宿所が激増、淘汰がはじまっています。

ゲストハウスを続けていくために

あまりに増え過ぎた施設に危機感を持ったのか、


10年続くゲストハウスを考える
20年続けられるために考えるべきこと

そんなタイトルのブログ記事やワークショップが目に付くようにもなりました。

裏を返せば、10年で衰退し20年で廃業はあたりまえ。
そんな少なくない現状を表した言い回しでもあります。



街に増えたカフェやベーカーりーと同じですね。


やはり一時期の流行りで調子に乗ってしまった人たちが自身に対して戒める意味合いもあるようにも感じます。

10年で廃れるようではやはり生涯の生業としては??がつきますし、地域交流とか、文化の発信などと志をいだくのは悪くはないにしても、結局はその場所に根をおろし、生きていかなくてはなりません。

今開業する人たちは独身ないし子供のいない人が多数を占めていると思われますが、ゆくゆくは二世を育てていくことも視野に入れながら生業を展開していく必要もあります。

ハナからゲストハウスには一切関与しない配偶者(パートナー)のいる経営者も多数存在しますが、出来ることなら、二人三脚でやったほうが楽しいに決まっています。


今から4年前に入院した時、ユースホステルはもっとゲストハウスを見習い、変化すべき時にあると声高に叫んでいた時期もありますが、ここ最近ではそんな気持ちはかなり薄まってきました。

現在生き残っているユースホステルの多くは20年以上の経営歴をもつ人たちばかりです。
かくある私も19年経過しました。

家賃を払い続けなくてはならない都会の賃貸ゲストハウスとは違い、一応所有物件ですし、食品営業もできます。シャワーも風呂も広いパブリックスペースもあります。

最近ではシャワーさえ持たないゲストハウスが増えていますが、そうなると旅の宿としての基本的性能に疑問符が付きます。

シャワーがなくてもOK。
ベッドがなくても敷地内にテントを張らせてとめてやる。
いつでも賑わうゆんたくのできる越夜場所。

と開き直ってやるのも一興ですが、人が人を呼ぶ今が未来永劫続くとは考えにくいものがあります。

かつてのユースホステルと同じ運命をたどるのは火を見るよりも明らかだと思うのです。


しっかりと地に足をつけて生きていこうと心新たにしているとことです。(^^)

でもね。

ユースホステルのイメージは少し変えていく必要があるとは思うのですヨ。

今年の協会主催の研修会に期待したいと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://shinshumaster.blog121.fc2.com/tb.php/752-2d9c91e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)