プロフィール

信州マスター

Author:信州マスター

長野県YH協会





若旅★インタビュー

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking


↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキングにエントリー中です。応援のワンクリック
ぜひお願いします!

月別アーカイブ

カテゴリ

信州ツーリズム情報局 
信州全20軒のユースホステルオーナー(マネージャー)が、旬の旅情報をお届け! 季節の話題、イベント情報はもちろん、ユースホステル運営にまつわる、生活感たっぷりの(笑)奮闘記も綴って参ります
平成の大合併。 何?それ? ~我が道をゆく信州
南相木村の温泉施設は、想像を超える豪華施設でありました。

その一角が広大なレストランスペースとなっていて、名物のシナノユキマスをつかった料理を楽しめます。

私はダムカレー


かあちゃんはシナノユキマス定食


それにしても、全体的に北相木村とは全く雰囲気が違います。
自治体の財力があまりに違うのではないかということを直感します。

料理を待っている間に調べてみたところ、その理由が明らかになりました。

南相木村の上流に位置する東京電力南相木ダム。
2005年に運転を開始した巨大ダムが完成して以降、莫大な固定資産税が入るようになったそうなのです。
その結果、平成22年までの何年かは地方交付税交付金不要団体に指定されとの由。

地方交付税交付金は市町村の歳入の大部分を占める重要財源ではありますが、それが不要になるほどの税収があったのです。

長野県では軽井沢町が唯一交付金不要団体に指定されています。
保養所や都心部の富裕層の別荘による固定資産税収入がその要因と考えられます。

大企業の巨大なプラント、工場が立地する自治体たいてい不要団体です。
そして何よりもどんな小さな村でも近隣との合併が行われていません。

南相木村もその一つといえそうです。

もともと信州は、信州合衆国と呼ばれるほど互いに「おらが村意識」が強い地域です。
利権問題以前に、独立意識が強いので平成の大合併でも大半が旧来のまま残りました。
役場同士の距離が5kmと離れていない南北相木村またその一例と言えます。

佐久の小村。是非一度訪れてみていただきたいと思います。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://shinshumaster.blog121.fc2.com/tb.php/721-8a18ff1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)