FC2ブログ
プロフィール

信州マスター

Author:信州マスター

長野県YH協会





若旅★インタビュー

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking


↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキングにエントリー中です。応援のワンクリック
ぜひお願いします!

月別アーカイブ

カテゴリ

北信州のホステル稼業日誌 
ホステル&ゲストハウス経営にまつわるチョット面白い話を小出しに紹介して参ります。宿屋歴20年の中年オヤジの戯言(^^)
重要伝統的建造物の木曽旅情庵ユースホステル。なんと築140年!
夕刻に到着した木曽旅情庵ユースホステル。

木曽町新開大原地区ののどかな山里に佇む古民家宿です。


ペアレントの高田紀代子さんによると、明治8年築とのこと。なんと140年が経過しています。
木曽地方の特有の緩い傾斜の大屋根に、太い柱と梁が圧巻です。


ご主人(故人)が、かつて北海道のユースホステルを回って旅をしているうちに、YHの世界にのめりこみ、農家のの実家をユースホステルとして改修したのがはじまりです。。今から40年以上の1968年のことです。

「旅情庵」の名は、紀代子さんご主人が共に愛した広島県「MGユースホステル」のお茶室の名前なのだそうです。

現在の寝室区画は1978年に増築された部分。

こんなお部屋が6部屋あります。


広い廊下の両側にお部屋が並びます。


その下が食堂。


自炊室も備わります。


母屋はすこぶる広く、パブリックスペースの充実度では県内のユースホステル屈指といえます。







もともと食堂として使われていた部分は民芸調のテーブル、椅子が並び、漫画も充実。


その横には小上がりの広いこたつ部屋。


テレビは母屋と新館の間に設けられていて、テレビを見たい人はこちらで寛げます。

この場所に裏庭への出入り口が設けられていて、駐輪場はすぐそこです。




木曽福島の市街地が標高800mほどですが、YHの立つ場所は1000mを越えます。
翌朝の最低気温は3度と、底冷えのする木曽の秋を実感しました。

南東は木曽駒、北西方向には御嶽山。


実にひっそりとした隠れ里の雰囲気。


真夏には別荘代わりに長期逗留される方もいらっしゃるそうです。

外国人にもっとPR出来ればなと他人事ながらそう思ってしまいました(^_^)。

朝陽に染まる御嶽に心打たれる朝。


ニッポンを感じに、木曽の旅。
イイですよ(^_^)

スポンサーサイト




コメント
旅情庵YHと言えば・・・
御嶽山登山やきそふくしまスキー場へ滑りに行った時によく利用させて頂いてます。
実に味のある雰囲気で、ママさんもとても優しい方で私もすごく気に入ってるYHです。

旅情庵YHの看板前をそのまま道なりに奥へ進むと木曽駒高原新和スキー場の廃ゲレンデに出るのですが、そこから木曽駒ヶ岳へ上がる登山道があります。

麦草岳を経由する健脚者向きの厳しいコースのようですが、ぜひ登ってみたいです。
[2014/09/21 08:37] URL | おおい #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://shinshumaster.blog121.fc2.com/tb.php/605-05671d25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)