FC2ブログ
プロフィール

信州マスター

Author:信州マスター

長野県YH協会





若旅★インタビュー

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking


↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキングにエントリー中です。応援のワンクリック
ぜひお願いします!

月別アーカイブ

カテゴリ

北信州のホステル稼業日誌 
ホステル&ゲストハウス経営にまつわるチョット面白い話を小出しに紹介して参ります。宿屋歴20年の中年オヤジの戯言(^^)
過去を引きずる(?)ユースホステル
ユースホステル業界は、自他共に過去の既成概念の呪縛からなかなか抜け出せずにいるのではないかと思われます。

何かにつけて

昔はXXだったが今は○○

のような記述が各方面で散見されます。

YAHOO知恵袋しかし、Wikipediaしかり。

それにしても目立つキーワード「ミーティング」。いまだに一人歩きしている感はぬぐえません。


にわかに注目の
「シェアハウス」でも
「街コン」でも、
「ゲストハウス」でも。

みんなミーティングやってるんですけどね。「おしゃべり」という名前のミーティング。




Wikipediaより抜粋

======

宿泊施設としての側面[編集]

利用の規則[編集]

男女別の相部屋が原則であり、本来は食事の配膳、食器洗い等の後片付け、寝具の準備、清掃に至るまでセルフサービスが原則である。しかし、食器の後片付けは中途半端だと却ってスタッフによる後始末が煩雑になったり、地域によっては保健所の指導などもあり、最近は洗わなくても良いとされる施設のほうが多い。

かつては朝食後の清掃もホステラーの義務であったり、義務でなくても任意で行うのが望ましいとされた施設もあったが、現在日本国内で、ホステラーが朝の出発前に館内を清掃する施設はほとんど皆無と言ってもよい。海外でも現在、ホステラーが館内の清掃を行う施設は一部を除き見られないようである。

かつては日本国内の施設では、消灯時間が厳守され、午後10時にはホステラーの寝室も含めて館内の灯火をほとんど全て消し、ホステラーは寝室に引き上げる必要があった。現在でも消灯時間を設けている施設は多いが、規則は緩やかで、早めに就寝したいホステラーへの配慮から、寝室の電灯を午後10時から11時の間に消す必要があっても、食堂や談話室(談話スペース)をより遅い時間まで雑談などに利用できる施設が普通で、中には談話室を終夜利用できる施設もある。

かつて、日本国内では禁酒の施設が一般的であったが、近年では大半の施設で飲酒できるようになり、ホステラーに酒類の販売を行う施設や施設内にカウンターのあるバーを設けて、そこでホステラーにビールやソフトドリンクを提供する施設が海外のみならず日本でも見られるようになっている。また、喫煙については、受動喫煙防止の観点から、全館禁煙の施設が増加してきているものの、日本国内においては未だ遅れている。

====

利用する気、なくなっちゃいますよね。こんな説明文では。
現在の魅力よりも過去の「負」ばかりが目立ってしまってネ。(笑)

山小屋は相部屋だけれど文句を言う人はいません。
特別な山にある宿泊施設だからです。

そこにしかない何かがあるから。

ユースホステルも「そこにしかない何か」を追求しなくては生き残っていくことは不可能でしょう。



スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://shinshumaster.blog121.fc2.com/tb.php/513-6de2a87c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)