FC2ブログ
プロフィール

信州マスター

Author:信州マスター

長野県YH協会





若旅★インタビュー

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking


↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキングにエントリー中です。応援のワンクリック
ぜひお願いします!

月別アーカイブ

カテゴリ

北信州のホステル稼業日誌 
ホステル&ゲストハウス経営にまつわるチョット面白い話を小出しに紹介して参ります。宿屋歴20年の中年オヤジの戯言(^^)
スワコ遊遍館
昨日の松本での会議後、諏訪湖のほとりにある遊遍館ユースホステルにやって来ました。


昨年始まった、ユースホステル突撃取材の再開です。
今年はなんとか1ヶ月に一度でかけたいとは思うのですが、幸い時間ができましたので、23日に松本で会議があったついでに、諏訪まで足を伸ばしてみたわけです。

さて、ユーペンハウスは下諏訪町の湖岸にほど近い場所に建っています。
JRの跨線橋をわたり、住宅街の細い道を少し入ると、一際目を引くガーデンアプローチの建物が、それ。



バイクにも安心な、舗装屋根つき駐輪場がマル(^_^)


1985年築ですから、築28年。しかし一切のお世辞を抜きにして、全くそうは見えません。



建物というものは、多少なりとも、その時代時代の流行が、デザインの中に見え隠れするものです。

しかし、遊遍館さんにはそれが殆ど感じられません。
もちろん、奇抜でなのではありません。かといって、建築家のエゴが前面に出た、斬新さを強調したものでもありません。

施主であるオーナー長崎氏と、デザイナー両者の感覚が極めて高いレベルで昇華した、傑作と言えます。

単に建物だけの話ではなく、到着から玄関に至るまでのアプローチの構成もまた素晴らしいものがあります。
宿に到着した旅人へ何ともいえないワクワク感と期待感を高めてくれる時間が約束されています。



アプローチ右側には長崎氏手作りのまくらぎ小屋。
ある程度人数のある時は、ここが談話室となります。


枕木という素材を使用しつつも、屋根には石。諏訪~木曽地方の伝統様式をしっかり取り入れて、信州らしさを演出しています。



玄関を入ると、その奥にある吹き抜けの円筒形階段室がひときわ目を引きます。


その「階段室」を囲むように寝室が設けられています。



全国各地のユースホステルやペンションを見てきましたが、これほど凝った空間作りをしているお宿は、なかなか見当たりません。

人それぞれ好みもあろうかとは思うのですが、間違いなく、ワタシ的には日本国内最上級のホステルと感じます。
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://shinshumaster.blog121.fc2.com/tb.php/469-76d7bfab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)