FC2ブログ
プロフィール

信州マスター

Author:信州マスター

長野県YH協会





若旅★インタビュー

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking


↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキングにエントリー中です。応援のワンクリック
ぜひお願いします!

月別アーカイブ

カテゴリ

北信州のホステル稼業日誌 
ホステル&ゲストハウス経営にまつわるチョット面白い話を小出しに紹介して参ります。宿屋歴20年の中年オヤジの戯言(^^)
1166バックパッカーズ@長野
ココ数年、全国で勢力拡大中のゲストハウス。長野県内にも、私が知る限りでは、長野、松本、須坂、上田、信濃町、小谷にオープンしています。

ユースホステル関係者の間でも頻繁に話題にのぼり、気になる存在であることには間違いありません。

ならばと、ワタクシが先陣をきって泊まりにやって来ました。

長野市に2010年にオープンした、1166バックパッカーズ。

善光寺仲見世から一本西の路地沿いの古民家を改修したホステルです。

正面


自炊スペース


玄関ロビー兼談話エリア


就寝室




至ってシンプルな作りですが、常にひとり旅ゲストで賑わっている感じです。



今日はオーナー不在ですが、スタッフが2人駐在。
最初の1年は、オーナーがひとりで取り仕切っていたそうです。

受付が済むと、付近の見所などの説明があり、既に到着、くつろぎ中の周りのゲストへ、木島平からお越しのナカムラさんです。などと紹介されます。

これにより、ゲスト間のコミュニケーションのきっかけとしています。
このシステムは、沖縄の結家と同等です。

本日のゲストは日本人6人、外国人7人。

寝室は、個室が1部屋、男女ミックス相部屋が1部屋、女性専用相部屋が1部屋あるようです。男女ミックス部屋は、男性区画、女性区画に分かれていて、女性については、ミックス部屋に慣れているであろう外国人女性を優先的に入れていると思われます。

トイレ、風呂は男女共同、風呂はシャワーのみとなっています。

設備は極めて簡素、昔の長屋をシェアハウスして、この大きなテーブルを囲んでおしゃべりに興ずる、そんな感じです。


しかし、ユースホステルと決定的に違うのは、やはり年齢層。
間違いなく、1990年代のユースの客層で占められています。
女性も少なくありません。

居合わせた、29歳という女性に話し掛けてみました。

。。。。。。。

こういう宿はよく利用されるのですか?

はい。

ユースホステルなんかも同じようなシステムですが。。。

ユースホステルは利用したことはありません。あれって、会員制ですよね?


。。。。。。。


ユースの会員制システムがお客さんを遠ざけるひとつの要因であることは、どうやら間違いないようです。

頭ではわかってはいても、いざ実際に耳すると、なんとも身につまされる痛い問題であります。>_<


談話エリアの様子を動画でどうぞ
動画


寝室から談話エリアへ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://shinshumaster.blog121.fc2.com/tb.php/460-e67ceaa7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)