FC2ブログ
プロフィール

信州マスター

Author:信州マスター

長野県YH協会





若旅★インタビュー

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking


↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキングにエントリー中です。応援のワンクリック
ぜひお願いします!

月別アーカイブ

カテゴリ

信州ツーリズム情報局 
信州全20軒のユースホステルオーナー(マネージャー)が、旬の旅情報をお届け! 季節の話題、イベント情報はもちろん、ユースホステル運営にまつわる、生活感たっぷりの(笑)奮闘記も綴って参ります
乗鞍高原温泉ユースホステル
木島平から150km。
乗鞍高原温泉ユースホステルにやってきました。
CIMG6072.jpg
緑に囲まれた宿は板張りに白い窓枠。北アの山小屋のような重厚な雰囲気です。
旅館街の一番上、標高1500mの位置に立つお宿さんです。

乗鞍アルプホルン愛好会メンバーでもある若旦那・幸正さんと、犬好きの若女将・いづみさんが迎えてくれます
CIMG6335.jpg

夕食後にはアルプホルンの演奏を聞くことのできるチャンスも!聞くばかりではなく、興味のある人には実際に吹かせてもらえます。でも鳴らすのは結構難しいのですが(笑)

アルプホルンだけではなく、ギターやディジュリドゥも操るマルチプレイヤー
CIMG6239.jpg

CIMG6236.jpg


幸正氏の演奏をどうぞ


ちなみにハンドブックの小澤君雄氏はいづみさんのお父様にして、乗鞍高原温泉ユースホステルの創業者かつオーナーであります。念のため。

CIMG6073_20120713195721.jpg


この日のお部屋は和室
CIMG6074_20120713195721.jpg

食堂談話室は広々と。
CIMG6100_20120713195720.jpg


何といってもココの目玉は温泉。白濁した硫黄泉がたまりません。
CIMG6088.jpg

PH3.3、硫酸イオン350mg/Lの正統派酸性硫黄泉。草津ほど強烈な酸味はなく、苦味を伴う濃厚な温泉です。
CIMG6092.jpg

酸性による腐食対策として、カランはなんと樹脂製。それでも何年ももたないとか。
CIMG6096.jpg


どれくらい濃厚な温泉かというと。。。。


アトピー皮膚炎の人が1ヶ月で治癒
怪我をした愛犬を温泉治療し完治
館内のテレビは1年で故障(銅が多用されるプリント基盤が温泉ガスによってすぐに駄目になる)

いい事もあれば不都合なこともある、とにかく濃厚な源泉掛け流し温泉なのです。


【温泉こぼれ話】

乗鞍高原温泉の源泉は、実はユースの建っている場所ではありません。近くでもありません。
距離にして10km近くは離れた「湯川温泉」源泉場から引湯されています。

地中にグラスファイバー製の管を敷設し、温泉街北側の配湯場から各宿に供給されています。

あらゆるものを腐食させるPH3.3の温泉、かつ、硫黄固形分も豊富な源泉ですのでパイプはすぐに詰まってしまいます。なので、定期的な清掃が欠かせません。

そこで、穴の直径大の玉を高圧水勢で管内を突き抜けさせて内側の固形分を削り取るという特殊な清掃方法が採用されています。

面白いと思いません?



⇒乗鞍高原温泉YHのトリビア

⇒乗鞍高原YHのお食事紹介記事
CIMG6098.jpg






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://shinshumaster.blog121.fc2.com/tb.php/387-0bea7bbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)