FC2ブログ
プロフィール

信州マスター

Author:信州マスター

長野県YH協会





若旅★インタビュー

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking


↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキングにエントリー中です。応援のワンクリック
ぜひお願いします!

月別アーカイブ

カテゴリ

北信州のホステル稼業日誌 
ホステル&ゲストハウス経営にまつわるチョット面白い話を小出しに紹介して参ります。宿屋歴20年の中年オヤジの戯言(^^)
坂本養川のセギ
「セギ」といわれても多くの人はピンとこないかもしれません。

八ヶ岳山麓・縦横に伸びる用水路のことで、江戸時代に築かれたものです。

自然の川が、谷に沿って流れ下るのに対して、セギは等高線に沿うかのように、一部では谷を超えて、山肌を横に流れていきます、自然の川と違い、この辺が見て面白いところです。

養川セギは、茅野の北部、滝の湯川の水を八ヶ岳沿いに南に流し、八ヶ岳山ろくに農業用水を提供するために造られた、用水路です。

用水路を造った坂本養川の名前から、「養川セギ」と呼ばれています。

江戸時代に造られたこれらの用水路は、今も利用され、地域の人々が補修した跡をそこここで見ることが出来ます、また、用水路沿いには、そうした記録を幾つか見ることが出来ます。

例えば、クライネYH近くの「石遊の湯」のそばを流れる川は、まさにセギ。

このように、養川セギは、山の中、田畑の中を自然な流れのように流れていますが、最近は、別荘地の中、ホテルの裏、哺場整備事業で区画整理された田畑の中を流れている部分もあり、時代とともに姿を変えているようすも見ることができます。

中でも観光名所となっている横谷渓谷の「乙女滝」は実は自然の滝ではなく、「せぎ」の一部なのです。
滝のそばへ行ってみるとこんな感じ。
CIMG5305.jpg

マイナスイオン出まくり!!
CIMG5304.jpg


下流に目をやると、滝の水が横谷川に流れ込んでいるように見えます。

しかし実際は、流れ落ちた水は横谷川をまたぐ人工水路を介して対岸へ運ばれています。こんな風に。
otome.jpg

ただ「美しい」だけにとどまることなく、それぞれの時代背景を知ることで、観光名所はもっと魅力を増していくものなのですね。

坂本養川のせぎについて


大きな地図で見る
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://shinshumaster.blog121.fc2.com/tb.php/361-106b28f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)