FC2ブログ
プロフィール

信州マスター

Author:信州マスター

長野県YH協会





若旅★インタビュー

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking


↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキングにエントリー中です。応援のワンクリック
ぜひお願いします!

月別アーカイブ

カテゴリ

北信州のホステル稼業日誌 
ホステル&ゲストハウス経営にまつわるチョット面白い話を小出しに紹介して参ります。宿屋歴20年の中年オヤジの戯言(^^)
天狗の舞い降りてきそうな霊峰戸隠
霊峰戸隠も春の訪れ
全面氷結していた鏡池もすっかり春。
R0012153.jpg

自然植物園も遊歩道はすでに除雪完了
R0012147.jpg

奥社への参堂もかなり雪解けが進んでいます。
R0012146.jpg

それでも所々1m近い残雪が
R0012148.jpg

R0012149.jpg

目前にはノコギリのような戸隠山
これまで3回登りましたが、北アルプスのどんな「難所」より恐怖を感じます。山岳修験道の山だけのことはあります。
R0012157.jpg
写真の尾根は蟻の塔渡りとよばれる超難所。
北アルプスの山域ならば、強固なハシゴと鎖でルートが確保されるレベルですが、前出の理由でわざと難しくしています。



以下の文章は5年前に有志を募ってチャレンジした記録から抜粋したものですが、息詰まる攻防がお分かりいただけることでしょう。

====

奥社を過ぎるとブナ林の急坂を登ります。やがて戸隠の急峻な尾根が目前に迫ります。
尾根へ向かう急登をこなしてやがて「五十間長屋」「百間長屋」と呼ばれる、岩が大きくオーバーハングした、
まるで黒部の「下の廊下」のような岩壁が迫ります。


そして道はやがて西側に大きく巻いて、岩壁の急な登攀を何箇所かクリアしていきます。
PHOTO023.jpg


登攀が終わると最大の難所、「蟻の塔渡り」「剣の刃渡り」に立ち向かいます。
なぜここまでハードなのかといいますと、北アルプスの有名各所ではこれほどの難所の場合しっかりした足場を
鎖やハシゴでつくってしまうのですが、ここ戸隠では古くからの山岳修験道の地であることから、レジャー登山者向けの整備がなされていないからなのです。
幅わずか50cm、長さ20mの岩の上を行かねばなりませんが、慎重かつ万全を期して四つんばいにて前進します。
PHOTO017.jpg


蟻の塔渡りを通過中のチャレンジャー。
IMG_10331.jpg
撮影した本人は先頭を行きましたが、身体をねじらせ
振り返ることなどとてもできません。カメラを前後逆に構えて頭の上で撮影しました(^^;) 汗タラ~。。。

IMG_10341.jpg

====


場所を移してこちらは中社本堂
R0012158.jpg

門前町をなす通りには蕎麦屋や宿坊が並びます。
R0012163.jpg

R0012164.jpg


信州ユースホステル旅情報



↑ ↑ ↑
ブログランキングにエントリー中です。ぜひクリックをお願いしますね。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://shinshumaster.blog121.fc2.com/tb.php/18-a43c8e7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)