FC2ブログ
プロフィール

信州マスター

Author:信州マスター

長野県YH協会





若旅★インタビュー

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking


↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキングにエントリー中です。応援のワンクリック
ぜひお願いします!

月別アーカイブ

カテゴリ

北信州のホステル稼業日誌 
ホステル&ゲストハウス経営にまつわるチョット面白い話を小出しに紹介して参ります。宿屋歴20年の中年オヤジの戯言(^^)
木曽の母(^_^)
静かな環境の中、ぐっすり眠ることのできた一夜。
翌朝は7時に食事をご用意いただきました。

朝食はまた別の場所。
もともと農家の土間炊事場だったところなのだそうです。




旅情庵さんは夕食提供はありませんが、朝食はこんな感じ。

大変美味しい和食です。

この環境、この建物、この食事、やさしいお母さん。(^_^)
これで一泊朝食付き3700円は、何とも良心的としか言いようがありませぬ(涙)

この日は木曽十一宿めぐり、王滝村訪問、スケジュールが満載だったため、後ろ髪引かれながら8時に出発。




本当にお世話になりました。
また完全プライベート旅行でお世話になりたく存じます。


是非皆さんも「木曽の母」に会いに行かれては??
お勧めです。


北国街道海野宿
木曽取材旅行の途中まず立ち寄ったのは東御市の海野宿でした。

上田ローマン橋の下をくぐり


しなの鉄道大屋駅の東約3kmの場所に位置する北国街道の宿場町まで。

大屋駅本屋。

JR東日本からは次第に姿を消しつつある原型をとどめた木造駅舎。

海野宿

一直線の700km区間にずらりと伝統的町並みが続きます。
もちろん国の伝統的建造物群保存地区に指定されています。









私個人的には、木曽の奈良井や妻籠に匹敵するほどの見ごたえがあると感じます。
そこそこ観光化されてはいるものの、しっかりとした生活のにおいがするのもまた素晴らしいです。



トンネル内の分かれ道を経て野麦峠へ
9月18日午後、松本で昼食を食べた後、西へ進路をとりました。

新島々駅を経て稲核ダム、そして上高地を通るときは必ず通過するトンネル。
中に分岐がある大変珍しいトンネル。

いつかこんなことをやってみたいと夢見ていましたが、奇跡的に車の流れが双方向共に全く途絶えまして見事撮影成功!


多くの人は上高地をめざし右へ曲がっていきますが、野麦峠は直進。

ダム湖横の細い県道を南下し


標高をぐんぐんあげて

やがて

野麦峠。

女工哀史の碑が立つ峠の公園。

資料館の屋上が乗鞍岳の展望所になっています。

建物の屋上なので、不自然なくらいに広大な展望台です。バスが5-6台止められそうな、それはそれは広大な展望台。

乗鞍岳がクッキリ。


しかし観光客以外はほとんど行き来のない峠道。
コケたら最後、そんな不安心理を抱きながら、ひたすら開田高原を目指して山をくだりました。。。。。。
開田高原にて
標高1800mの野麦峠を越えればそこは岐阜県高山市。
峠下に小さな集落がありました。




高山市高根町野麦
高根小学校野麦分校は現在宿泊施設に。

高山市街地まで40kmのいわゆる「限界集落」。
こうした集落が日本中に存在しているのです。。。。。

ひたすら下り再び長野県へ。


そこは開田高原。
旧開田村の広大な開けた土地。



全国の気象ニュースでは菅平、野辺山とならんで、最低気温を記録することの多い気象観測点が設けられています。

残照の御岳が印象深い、夕暮れ時でした。

木曽町開田支所前にて。
売木村役場前の雰囲気に似ています。



さあ。木曽福島に向かって一気に下っていきましょうか。
木曽ツーリング、楽しいな。(^_^)


小池糀店の極上味噌
木曽福島に下ってとある場所を目指しました。

小池糀店


市街地の中心部にあるこの小さな味噌蔵。

昨冬に、当時木曽福島にお住まいだったお馴染みゲストから「美味しい味噌ですよ」とお土産を頂きました。

味噌汁にして飲んだところ、まるでチーズのような風味に気絶寸前のインパクト。
サイトの説明文によると、蒸した大豆と糀をあわせて団子を作り、しばらく寝かせて発酵。
それを木曽駒ケ岳の山ふもとの貯蔵所で2年寝かせてできあがるお味噌なのだそうです。

本当に小さなお店で、古き良き雰囲気が漂います。


ご主人はすこぶる親切で、飯山のほうからやってきたと告げると、ずいぶんと丁寧に応対いただきました。


いくつか種類があるのですが、中でもお勧めは

味噌玉熟成味噌



1kg1000円のものと1300円のものがあるのですが、値段の差は糀の量の差。

しかし

味噌汁にしたときのチーズ風味の強さは、なぜか糀量の少ない1kg1000円のものの方が上です。

一見値段は高いのですが、1kg300円の安い味噌とこの味噌を比較すると、味噌汁1杯あたりのコストは10円高いだけ。
わずか10円でこの品質と味が体験できるのなら、絶対に買いです。

個人的には人生で最も感動したお味噌。

できればウチで常備したい位ですヨ。