プロフィール

信州マスター

Author:信州マスター

長野県YH協会





若旅★インタビュー

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking


↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキングにエントリー中です。応援のワンクリック
ぜひお願いします!

月別アーカイブ

カテゴリ

信州ツーリズム情報局 
信州全20軒のユースホステルオーナー(マネージャー)が、旬の旅情報をお届け! 季節の話題、イベント情報はもちろん、ユースホステル運営にまつわる、生活感たっぷりの(笑)奮闘記も綴って参ります
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長野朝日放送の美人アナウンサーご来場! ABNステーション
長野朝日放送制作の夕方の報道番組「ABNステーション」の取材を受けました。


お越しになったのは、入社3年目の同局看板アナ・楠原由祐子アナウンサー。

地方局のアナウンサーって、毎日のように取材に出かけ、ディレクターのお仕事も兼務されているんですね。




12時半から16時まで、みっちりと取材し、18時15分にはスタジオで放送。


わずか3-4分の映像のために4時間もの取材を要するとは、なかなか大変です。

ちなみに取材の主題は

日帰りで楽しめるペンション・宿泊施設。
今般、カフェコーナーを日中の時間帯にも営業することになりまして、そのPRに呼応いただいたと言うわけです。

RAIL CAFE 中村屋珈琲店


あ。うちは「ユースホステルですので、そこのところヨロシク。」と念を押しておきました。

それにしても楠原アナ、驚きの小顔美人でありました。

放送は10日18:15~。

長野県内の方、ご注目下さい。
スポンサーサイト
大鹿村 ケシの花
大鹿村にケシの花が見頃とのことです。

県協会理事の藤川さんからお便りをいただきました。

=====

大鹿村へ青いケシの花を見に行ってきました。

鹿塩の標高1500mの高地に中村農園という切り花農家があり、そこで青いケシの花を
栽培しています。
まだ数日は見頃です。
入場料500円。丁度見頃の青いケシの花でした。

=====


kesi2.jpg

kesi1.jpg

野菜が高いというけれど。。。。
ここ信州でも、野菜が高騰していると連日テレビが報じています。
高騰しているのに値下げとは、いったいどういうこと?なんて気もしますが、それほどに価格に敏感なのですね。

しかし、本日の信濃毎日新聞の相場情報を見ていますと、レタス10kg(1箱)の卸値は1600円程度。
この程度の値段は、実は農家にとって決して高いというほどではありません。

今から14年前の今の時期、私は野辺山高原のレタス農家で住み込みバイトをしていました。

その年は、レタスの価格がかなり激しい乱高下を繰り返していましたが、ひどいときには相場暴落を受けて大量に廃棄処分されるレタスを目の当たりにしたこともありました。
収穫したレタスを箱詰めにせず、一山いくらでJAが保証金を支払う形で廃棄するのです。

その農家さんとの会話を今でも鮮明に覚えています。

「ひと箱どれ位なら許せますか?」

「1600円だね。それ位もらわないと。。。。。」


まさに今の相場です。

今の相場は、収量が激減しての価格高騰ゆえ、農家さんにとっては嬉しいわけではないのですが、1箱1600円を「高すぎる」と言われてしまっては、農家はたまったものではありません。


50円安いレタスを買うために、いつもは行かないスーパーまで10km遠回りして車を運転してしまいがちです。
ところが、不思議なことに消費者は10kmを走るための車の燃料のコストはあまり気に掛けません。
リッターあたり1円安いガソリンを入れるために、平気で片道10kmの道のりを出かけていきます。

目的はあくまで安いレタスを買うこと。
安いガソリンを買うこと。

生活費を節約するというよりも「ものを安く買う」という購買活動が主たる目的になってしまっています。

10km走るのに燃料コストが80円かかることも、20km走って1リッター以上の燃料を無駄に使うことも、実はあまり気に掛けてはいません。
それだけ走るためにタイヤは消耗し、オイル交換の時期が早まることになります。
ガソリン代以上に人知れず「経費」がかかっているのです。


昔は1Lの牛乳が普通に200円していたはずなのに、今では150円を切るようになってきました。

安さがあたりまえになってしまうことの恐ろしさ。

なんだか自営業で生計を立てるものとしては、なかなか考えさせられる問題ですね。ホント。。。。。


白馬スノーハープクロスカントリー大会
昨日白馬村で「白馬スノーハープクロスカントリー大会」が開かれました。

県内外のアスリートたちが集う「マラソン大会」なのですが、ウチの子達が参加してきました。

木島平小学校のクラブ活動「スキー部」に所属していまして、その課外活動の一環として、有志がエントリーできることになっています。

子供たちは5:50に学校へ集合し、白馬へ。私は朝ごはんの支度を途中まですませて7:00に出発。

爽快なツーリングを兼ねて応援してきました。




全日本レベルの招待選手もいれば、吉本興業のランニングチームの参加もあります。

宮川花子さんが目立っていましたヨ。



この大会の名物エイドステーションはなんといっても漬物三昧。



スノーハープの競技場を使うので、コース途中には給水場はなく、ゴール地点付近にステーションが集中しています。

子供たちもこの漬物が楽しみらしく、上の息子はきゅうりを6本も食べたそうです。



お勧め山岳ルート
この時期お勧めのツーリングルートの紹介です。

避暑ルートとして人気の「渋峠」はもちろんですが、そのサブルート的位置づけの笠岳~高山村を結ぶ県道もお勧めです。

大きな地図で見る

熊の湯分岐から笠岳登山口までは非常に狭く離合にも気を遣いますが、その先は山田牧場のなんともいえない牧歌的景観の広がるのんびりルートです。





スピードの出る道ではないので、125~250位の小回りの利く単車がお勧めといえるかもしれませんね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。