プロフィール

信州マスター

Author:信州マスター

長野県YH協会





若旅★インタビュー

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking


↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキングにエントリー中です。応援のワンクリック
ぜひお願いします!

月別アーカイブ

カテゴリ

信州ツーリズム情報局 
信州全20軒のユースホステルオーナー(マネージャー)が、旬の旅情報をお届け! 季節の話題、イベント情報はもちろん、ユースホステル運営にまつわる、生活感たっぷりの(笑)奮闘記も綴って参ります
重要文化財の立ち寄り湯~片倉館
カナディアンロッキーの後は片倉館へ。

昭和初期の洋風建築物であり、つい最近国指定重要文化財に登録されました。

せんいで栄えた諏訪の町。工員たちの福利厚生の一環として考案されたのがこの温泉施設なのです。
内外観ともに、ほぼ建造当初のまま残されており、一見の価値があります。
CIMG8774.jpg

CIMG8777.jpg

CIMG8778.jpg


一度に沢山の人が入浴できるよう、浴槽は1.2mの水深があり、立位で入浴するスタイル。
CIMG8781.jpg


CIMG8779.jpg

CIMG8780.jpg

脱衣場がレトロなら
CIMG8787.jpg

二階の休憩所・食堂もまたレトロ
CIMG8788.jpg

外は紅葉の色鮮やかさが印象的です。(HDRアートモードにて撮影)
CIMG8794.jpg

入浴料は600円です。

建築に興味のある人には特にお勧めしたい温泉施設です。




スポンサーサイト
フナの雀焼き@3時はららら
諏訪へのドライブが決まったとき、女房が言いました。

雀焼きを買いたい

先日信越放送(TBS系)の情報バラエティー番組

3時はららら
title01_20121116082946.jpg


で紹介されていたとのこと。

この番組、信州では大変な人気の情報番組でして、月曜日から金曜日までの毎日14:50から1時間、県内の季節の話題、見所、食や店を多角的に紹介しています。

信州に移住した他見出身者の中にも、わざわざ録画してまで必ず見ているという人いるくらいでして、県内在住者のみならず、ガイドブックには絶対に載らない穴場的スポットを知る上でも非常に貴重な旅情報番組としての性格も備わっています。

その「ららら」で、鉄道マニアで知られる山崎昭夫アナウンサーが、雀焼きを食べていたというのです。


諏訪地域には川魚専門店がたくさんあります。
湖で水産資源が豊富であることを物語っていますが、この時期の名物といえば

フナの雀焼き

国内では三方五湖など、数箇所にしか生息しない赤ブナ(「ナガブナ」ともいう)を、背開きして乾燥させ、くしに刺し焼いて油で揚げます。
煮たときにしっかりと味が染み込むように茹でて余分な油を抜き、たっぷりの酒とさとう・ざらめ・しょうゆ・みりんで1日半かけて煮ます。骨まで柔らかく、川魚特有の臭みが抜けるまで丁寧に仕上げる、いわゆる甘露煮なんですね。
CIMG8828.jpg


一度素揚げにするところがミソでして、揚げることによって、フナのうまみがギューっと凝縮されるわけです。

JA信州諏訪の

さざなみ味工房

で販売されていますので、諏訪湖にお立ち寄りの際はぜひお試しください!!!


大きな地図で見る
塩羊羹
昔から寒天の製造がさかんだった諏訪の銘菓として忘れてはならないのが

塩羊羹

なかでも諏訪大社秋宮近くの

新鶴

の塩羊羹はとても人気です。

かくある私も諏訪地区を訪れた際には必ず立ち寄ります。

しかし

人気なので、日によっては午後には売り切れることも少なくなく、行ったはいいものの、買えずに退却を余儀なくされることも何度かありました。

前回は定休日、前々回は売り切れ。3度目の正直です。

開いてました!!
CIMG8809.jpg

訪れたのは14時頃。少し出遅れた感がありまして、果たして塩羊羹があるかどうか、それが気になります。
CIMG8805.jpg

ショーケースには羊羹の姿がなく。。。。
CIMG8802.jpg

不安がよぎり、恐る恐る店員さんに尋ねてみると。

あちらのサンプルでサイズをお選びくださいとのこと。まだありました!
CIMG8804.jpg

小サイズ・900円をチョイスしました。

絶妙なるやわらかさ、絶妙なる甘さ、絶妙なる塩加減。
本当に美味しいです。

CIMG8811.jpg

昔ながらの木造建築もまた必見です。


美術館王国・諏訪
諏訪は美術館の宝庫でもあります。

何年か前に北澤美術館を訪れたことがありますが、残念ながら美術の才覚とセンスがない私には、全く馬の耳に念仏、猫に小判でありました。

しかし唯一、誰が見ても、子供が見ても、それなりに興味を持って鑑賞できるのではないかと思える美術館があります。

原田泰治美術館
CIMG8743.jpg


私がこの作品をはじめて知ったのは、中学生の頃、朝日新聞の日曜版に連載されていたのを目にしたのがはじまりです。

子供心に「なんだかいいな。この絵」。そう感じていたのは間違いありません。

1998年に開館したこの美術館。開館直後立て続けに1週間で2回訪問したこともあります。それ位私はこの人の絵が好きです。

11月15日に10年ぶりに訪問しようと現地を訪れましたが、運悪く作品入れ替え中とのことで中には入れず。
泣く泣く外観だけをカメラに収めて現場を後にしました。
CIMG8742.jpg



信州ローカル人気番組2
先日、信越放送の「3時はららら」をご紹介しましたが、それと並んで人気の情報番組があります。

テレビ信州(日本テレビ系)の
ゆうがたGET!
get_top_back_01.jpg


こちらも毎日放送ですが、時間帯がズレていまして、16:50からの放送となっています。

こちらも「ららら」と同じく、県内各地の食や季節の話題を取り扱う情報番組で、アナウンサー自らが県内あちこちを取材して回っています。

このゆうがたGET!のメインキャスターは

同社アナウンサーの

伊藤陽司さん
松井美幸さん

なのですが、6月に、その松井美幸さんがウチにやってこられました。
CIMG4837.jpg

どうでもいい話なのですが、実物はテレビで見るよりも数倍可愛かったです(笑)

ワタシ的には県内テレビ局女子アナNo.1です。どうでもいい話なのですが。(笑)