プロフィール

信州マスター

Author:信州マスター

長野県YH協会





若旅★インタビュー

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking


↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキングにエントリー中です。応援のワンクリック
ぜひお願いします!

月別アーカイブ

カテゴリ

信州ツーリズム情報局 
信州全20軒のユースホステルオーナー(マネージャー)が、旬の旅情報をお届け! 季節の話題、イベント情報はもちろん、ユースホステル運営にまつわる、生活感たっぷりの(笑)奮闘記も綴って参ります
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユース所変われば。
ビジネスホテルネットワークと、ユースホステルネットワークの大きな違いは、いわゆる「品質の大きなばらつき」に尽きると思われます。

同じYHといえ、個人が経営する「民宿」がほとんどゆえ、泊まってみなければどんな場所なのか、謎に包まれています。
東横インや、ルートインとはその点大きく異なります。

行ってみなければわからないのです。ホント。

先日、北海道礼文島の有名ユース、桃岩荘に泊まりました。生まれてはじめての経験でした。
少し若い頃ならば、先入観だけで

「俺はあそこには向かない」
「落ち着いた宿がいい」

などと格好つけてわざと避けていました。

しかし、弱冠42歳、妻子持ちにして、そんな無用な格好付けは不要です。10数年ぶりの礼文島訪問の宿は、迷わず桃岩荘でした。

●独特の世界観

いわずと知れた桃岩荘のミーティング。
いい歳した大人が、歌って踊るあのシーンは噂には聞いてはいましたが、今回初めて実体験するにいたりました。
SSC_4423.jpg

さまざまな形容詞でもって浮世離れした一連のイベントが語られていますが、あの独特の雰囲気と思考は、決して桃岩荘だけのものではないということが明らかになりました。

それはディズニーランド。

ディズニーは夢の国です。ひとたびあの中に入れば、老若男女みなその世界に溶け込みます。大人でさえ、ミッキーの耳カチューシャを頭につけ、コスプレに興ずる人も少なくありません。
恥ずかしいとか、変だとか、そんな意識は皆無です。

桃岩荘もそれと同様です。

礼文島という離島、さらにそのはずれのはずれ、30分の「時差」のある、島のどんづまりの海岸線の一軒宿に身を置けば、そこは夢の世界となり得ます。
SSC_4421.jpg

懐かしいを通り越して、古すぎる歌の数々をともに歌い、踊ることに、はじめは多少戸惑いを覚えます。しかし、桃岩荘という秘境の地と、鰊番屋が作り出す異次元空間が、やがて恥ずかしいという気持ちをまひさせるのでしょう。

さらに、あのミーティングの一連のイベントは、昔々の青少年向けキャンプ場の雰囲気となんら変わることはありません。少なくとも、私の生まれ故郷、大阪府交野市の野外活動センターでは、夏休み期間中、大学生のヘルパーが常駐し、毎晩キャンプファイヤーを囲み、踊り、歌い、騒いでいました。

桃岩荘も、そのノリと同様です。

ただ、時代が21世紀となり、かつては各地のYHで同様の演出があったものが廃れ、桃岩荘のミーティングだけが突出して目立つようになってきたゆえ、それが大げさに語られているに過ぎません。

どんなに時代が変わっても、昔のやり方を一切変えずに続けている、オーナーの柳谷氏の徹底したこだわりと一貫した経営ポリシーがそれを支えていることは明確です。
SSC_4419.jpg


現在の日本ユースホステル協会による施設格付では、最低の「★」となっていますが、それは少々考え物です。
日本のYH発達史を語る上で欠かせない、「ユースホステル無形文化財」もいえる桃岩荘は、もっと別の角度から高評価されるべきでしょう。

大体、宿泊施設というハード面においてYHは、他の宿泊施設に太刀打ちできるわけがありません。
YHがYHたりうるのは、楽しい雰囲気作り、そしてフレンドリーさ集約されるはずですから。

●ミーティングの構成
桃岩時間の7:30になるとミーティングが始まります。

第一部:島案内
第二部:歌唱指導
第三部:歌と踊りのフルコース

いずれもヘルパーが仕切ります。島案内は自らの体験を元にしてオリジナリティーを出すように工夫がなされています。一方的ではなく、宿泊客との掛け合いなどにも工夫が凝らされ、面白おかしく進行していきます。
SSC_4420.jpg


そして、歌と踊りのフルコースこそが、このミーティングの一番のクライマックスといえるでしょう。


●桃岩荘のヘルパー

桃岩荘のヘルパーは普通のヘルパーとは明らかに異なります。
私が泊まったときは、ヘルパーは全部で6人いました。ミーティングを仕切るのは男ヘルパーです。

彼らはヘルパーでありながら、実はパフォーマーであり、ダンサーであり、タレントでもあります。
そえゆえ毎日が全力投球です。本当に一生懸命です。その一生懸命さには、お客としても、非常に胸を打たれるものがあります。
ディズニーランドのパレードにおけるショーダンサーとなんら変わるところがありません。

そのヘルパーですが、見ている限りでは、何でもこなせるエース、二番手の中継ぎ、そしてサテライトが存在します。

エース格は、今流行のAKB48でたとえるならば「センター」、乃至ミッキーマウスと言えましょう。

ミーティングには綿密な打ち合わせと練習、反省が日々のミーティングに生かされているようです。
実際、新人ヘルパーさんは「ショー」の間、自ら持ち込んだICレコーダで「センター」の仕切っている模様を録音していました。
意欲のある若いヘルパー君たちは、いつかあの表舞台の真ん中に立てる日を夢見て、不断の努力を怠らないのです。
SSC_4422.jpg

ミーティングは2時間。9:30に終了し、消灯時間の10:30までの間、くつろぎの時間となります。
ちなみに8時間コースを歩く人はこの間に説明会が開かれます。

白熱灯がともる鰊番屋での夜のひと時は、ミーティングの時間と並んでこの僻遠の地での至極の時間でもあります。
ショーダンサーとして全力でパフォーマンスを演じたヘルパー君も、この時ばかりはひとりの青年に戻って、自由な歓談に花が咲きました。

泊まってはじめてわかる、宿のよさ。YHの良さ。
決して先入観だけで良し悪しを決めてはなりません。


スポンサーサイト
身分を明かさず
YH経営者としてYHに泊まる機会もあります。

うわさのYH,評判のYH,伝説のYH.
先日は礼文島の桃岩荘に泊まりました。

宿の経営者として、YHに限らず、あらゆる宿泊施設に体験宿泊し、普段の自分の振る舞いやサービスのあり方について自問自答するのです。

お客さんとの会話の中でよく聞かれる質問があります。

YHに泊まったら、自分がペアレントであることを明かすのですか?

私の場合、その答えはNO.
自ら積極的に自分が宿の経営者であることを語ることはありません。

宿を出る直前に「実は。。。。」と名刺を差し出すことは稀にありますが、基本的には一切黙っています。
身を明かしてしまうと、一介のお客として楽しめなくなってしまうからです。

そもそも、よそ様の宿にお客として泊まっておきながら、自分の宿のことをら宣伝するのも、あまり格好の良いものではないという考え方もあります。

大体、桃岩荘に泊まってるお客さんに対して、

信州木島平村でYHやっています。ぜひよろしく!

なーんてのは、場違いも甚だしいですしネ。(笑)

135年越しの夢 ~「信越新本線」
2014年度、北陸新幹線が金沢まで開通します。

それに伴い、現在の信越本線が並行在来線として第三セクターに移行されます。
つまり、北陸新幹線は、事実上、信越本線新線という扱いともいえます。

意外と知られてはいませんが、信越本線が計画されていた当時、計画では長野から飯山を経て富倉峠を越えるルートが最有力だったそうです。

標高1000mの妙高高原を越えるよりも、標高500mあまりの富倉越えのほうが、はるかに鉄道建設が容易だったことは想像に難くありません。

ところが、その計画に対し、飯山の人たちは

馬方の仕事がなくなる
陸蒸気の煙で稲が枯れる
汽笛の騒音が迷惑だ

と、鉄道建設に反対しました。

その結果、今から135年前の明治21年、信越本線の長野~関山間が開通したのです。

当然のことながら富倉峠の物流は廃れ、峠道の開通からわずか10年あまりで物流の動脈としての役割を終えてしまいました。

当時の飯山市民は大いに落胆しました。その後、地元の出資により、大正10年に「飯山鉄道」が開通し、やがて飯山線となって越後川口までが開通しましたが、それは幹線ではなく、あくまでローカル線でしかありません。

今回の北陸新幹線開通は飯山の人々にとっては135年前の「悪夢」を帳消しにする悲願であったにちがいありません。

徳本峠
18日から、1泊2日で徳本峠に行ってきました。
信越トレイルファンとしては、非常に気になっていた、日本登山界の黎明期に開かれた古道でもあります。
6時に木島平を出発、松本ICから島々へ入って、島々谷へ。

参加者は

山形県のSさん
静岡県のTさん
石川県のKさん

いずれも信越トレイルのお馴染みさんであります。
IMGP4701.jpg

駐車場車を置いて、林道を行きます。徳本峠まで16km!!

真夏の暑さでも、終始渓谷沿いを行きますので、涼感バツグン。
ピークハンターにとって、林道歩きほど嫌なものはないようですが、我々トレイルウォーカーにとっては、むしろこの秘境度満点の荒れた林道は楽しみのひとつでもあります。
いつもとは違う、完璧な「避暑トレイル」でした。

ところどころ、先日の大雨で崩落箇所がありますが、通行可能との事前情報を得ており、躊躇無く進んでいきました。
IMGP4703.jpg

IMGP4706.jpg

二股は9:35に到着。スタートから1時間25分の行程。
給水しました。

Kさんがいつも持ってくる、北陸名物・トンボ飲料のパウチドリンク。
IMGP4707.jpg

二股の看板前にて。
IMGP4710.jpg

ここから林道に別れを告げ、山道へと分け入ります。
しかし渓谷沿いゆえ、アップダウンも無く終始快適なトレイル。スバラシイ!!!
IMGP4712.jpg

所々に崩落箇所があり、トラバースを繰り返しますが、トレイルそのものは安定しています。
IMGP4714_20110720093705.jpg

こんな木道もところどころに架けられています。
IMGP4716_20110720093705.jpg

IMGP4721_20110720093705.jpg

常に沢に寄り添うように進んでいきます。
IMGP4724_20110720093704.jpg

そうしてたどり着いた岩魚留小屋。12:25着。二股から2時間40分。
現在は営業休止中であり、草に覆われた廃屋のような佇まいは物寂しい雰囲気に包まれています。
山小屋というよりも、沢小屋。でも看板には「釣り人の宿泊はお受けできません」との由。

IMGP4735_20110720093704.jpg

縁側をお借りしてランチタイムとなりました。
IMGP4734_20110720093704.jpg

つづく。

テーマ:登山・ハイキング - ジャンル:旅行

宿から100名山 
先日お知らせしました

宿から100名山イベント

日程に一部変更がありましたのでお知らせします。


変更前 乗鞍岳 8月14日(日)

     ↓

変更後 乗鞍岳 8月9日、および11日


*いずれも前日泊が必要となります。

よろしくお願いいたします。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。