プロフィール

信州マスター

Author:信州マスター

長野県YH協会





若旅★インタビュー

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking


↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキングにエントリー中です。応援のワンクリック
ぜひお願いします!

月別アーカイブ

カテゴリ

信州ツーリズム情報局 
信州全20軒のユースホステルオーナー(マネージャー)が、旬の旅情報をお届け! 季節の話題、イベント情報はもちろん、ユースホステル運営にまつわる、生活感たっぷりの(笑)奮闘記も綴って参ります
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイト大幅リニューアルに伴い
長野県ユースホステルペアレント会のホームページ大幅リニューアルに伴い、新たにブログを開設しました。
担当は下高井郡木島平村の高社山麓みゆきの杜ユースホステル。

自前のブログとあわせて、現在運用中のブログは3つ。

本当に大丈夫なのか!?

いやいや。ご心配なく。旬の情報を出来る限り発信していきたいと思います。どうぞご贔屓の程を。。。。。

ちなみに表紙の写真は、1996年頃奈良井宿で私が撮影したもの。
当時使っていた撮影機材はマミヤ645。重い三脚を担いで歩き回ったものです。

色調が全体的に青みがかっていますが、フジクロームベルビアからダイレクトプリントし、それをスキャナーで読み取ったものですので、原版とは若干雰囲気が違っています。


あとこちらは白馬村野平でのワンシーン。同じ頃の作品です。
07080601.jpg


現地の様子を含めて信州のかやぶきを紹介したこんなページをみつけました。

信州白馬かやぶき集落

春を探しに信州の旅は如何?

=========

信州ユースホステル旅情報



スポンサーサイト
あちこち寒いですが。。。。
あちこち相変わらず寒いですが、サクラ前線はただ今長野県をヒジョーにゆっくりした速度で北上(上昇)中です。

一昨日松本までバイクで走った時は、国道19号線の犀川沿いの谷筋に点在するサクラがとても綺麗でした。
松本市内の少し標高の高い地区(海抜750mほど)ではちょうど満開でした。

ワタシの住んでいる木島平村(飯山市の隣)では7分咲きといったところでしょうか?標高400mほどですが。

一方、信州最北の村に程近い飯山市西大滝地区のサクラ名所「西大滝ダム」では、いまだにつぼみ堅し。
これは去年の様子
RIMG0311.jpg


サクラの開花はここ信州では標高とはあまり関係なく、どちらかというと積雪量が大きなカギを握っているといえましょう。残雪が地表を覆い、木々の根周りの温度がなかなか上がらないからなんですね。

信州のサクラの開花状況をまとめたこんなサイトを見つけました

信州さくら便り

春のお花見にお役立て下さい。

=========

信州ユースホステル旅情報






信州人が共通語と信じてやまない方言 ②
ブログOPEN記念ってことで、思いつくままに次々ネタを繰り出して参ります(笑)

さて、信州人が共通語として信じてやまない方言の第二弾としてこれを紹介しない手はないでしょう。


【ごくろうさま~】

誰でも使いますよね?でも一般的にはこの言葉を発する相手は結構限られませんか?

そう。上司が部下に対してのねぎらいの言葉であり、普通は決して若造が目上の人に対して使ったりはしません。
ビジネスマナーに反するものです。

しかし。

信州地方においては、「お疲れ様でした」に、「ありがとうございました」が少し混じった感じで、信州では、目上の人に対して「ご苦労様でした」といって苦労をねぎらい、(少し)感謝する表現といえます。
もしくはそこまで重い意味はなくとも、普通に行き会う時の挨拶言葉としても気軽に使われるものです。

信州のある会社で、信州人ではない上司が帰るとき、信州人の部下が「ご苦労様でした」といったら、「上司に向かってご苦労様とは何事だ」と上司に叱られたそうです部下は何で叱られているのか判らず、上司不信になったという逸話(?)には事欠きません。

若い人は「お疲れさま」という挨拶を交わすようになってきましたが、違和感を感じる年配者はまだ多いようです。なにしろ、ずっと昔から「おつかれー」という挨拶は「今晩は」という意味で使われてきたのですから。


私が子供の保育園にクルマで送り迎えする時、園ですれ違う保護者の人たちは皆こう挨拶します。

朝の登園時・・・おはようございます
夕方の帰宅時・・・ごくろうさま~(語尾は少し上げ目に伸ばすのがミソ)

送迎という行為は朝夕どちらも労力としては全く同等のものなはずですが、決して朝には「ごくろうさま」とは云いません。

ワタシの印象としては、「ご苦労」というニュアンスだけでなく「こんにちは」「さようなら」という意味合いも多く含まれているような気がしています。

方言も所変われば。面白いですね。

=========

信州ユースホステル旅情報



信州人が共通語と信じてやまない方言 ①
全国津々浦々さまざまな県民性や地域ならではの習慣が語られる人気番組

どっちのケンミンSHOW

長野県はそのネタに欠かないと云っても過言ではないでしょう。

例えば方言。根っからの信州人が全国共通語と信じてやまない、とある動詞があります。それは


【くれる】


共通語では

おい、そのせんべい、一枚くれるか?
一枚くらいくれよ。

という使い方です。

しかし!

信州では違います。


もう水くれたか?
早く赤ちゃんにミルクくれなきゃ。
毎朝牛のえさくれが大変だわ。


つまり、「あげる」ことを意味するのです。れっきとした方言ではありますが、これを共通語として信じてやまない信州人は少なくありません。

その証拠に信州のローカル紙最大シェアの信濃毎日新聞(シェア61.2%=2007年調査)の紙面では、時々「水くれ」の文字を目にすることがあります。
新聞記事の活字において方言が登場するなんて、そうそうないことです。

蛇足ですが、そんな信州人の特殊(?)ともいえる県民性を説いた書物が存在します。面白いですヨ。
R0012039.jpg
新・不思議の国の信州人

=========

信州ユースホステル旅情報



↑ ↑ ↑
ブログランキングにエントリー中です。ぜひクリックをお願いしますね。

信州ならではの立ち寄り湯
信州といえば温泉。
まだまだ寒い日も少なくない今の時期、やっぱり温泉が恋しくなります。
何処にでもある普通の日帰り入浴施設も良いですが、やはり古式ゆかしい昔ながらの温泉街の共同湯もぜひ楽しみたいものです。
例えば上田の別所温泉。
伝統的な立派な温泉旅館の立ち並ぶ中、重厚な作りの共同湯が3軒あります。入浴料はいずれも150円と格安。
bessho_oyu.jpg

私は一度だけ「石湯」に入ったことがあります。たしか改築前だったかな?もう15年も前のことです。
温泉に入った後は、土産物屋が軒を連ねる石畳の参道を通って北向観音へお参りしたのをよーく覚えています。
信州の鎌倉と呼ばれるその雰囲気、信州にいることを一瞬忘れてしまいそうでした。

別所温泉財産区
古寺古塔めぐり

==

所変わって北信州。管理人の近くにもそんな温泉街が存在します。

野沢温泉

冬はスキーでも有名な古い温泉地ですが、その風情あふれる温泉街の町並みも雰囲気がGOOD。
共同湯が13箇所もあり、すべて無人。賽銭箱に寸志を入れることで自由に入浴することができます。

昨日はあまりにも寒いので、ついつい温泉が恋しくなり出かけてしまいました(笑)
目指したのは十王堂の湯
R0012046.jpg

野沢の共同湯はどこも非常に小さいつくりで、ドアを開けると脱衣場と浴槽が同じ空間に存在します。
なれない人はちょっとビックリするかも。

お!貸切だ。のんびり浸かろうか。と思いきや。。。。

掃除の直後であまりに熱く、手さえ付けられずにそく退散。
R0012048.jpg

でもすぐ近くに別の浴場があるので安心です。次に向かったのは秋葉の湯。
R0012054.jpg

ちょうど良い湯加減で、こちらは少し白濁した湯。
R0012049.jpg


時間帯や気温、天候によって湯の色が変わるものもあります。
それぞれお好みの湯を探してみるのもいいかも知れません。

全体的に熱いといわれる野沢温泉ですが、最も湯温が低く(41度)誰でも入りやすいのはやはり熊の手洗湯。泉質も素晴らしく、私としては野沢イチオシの共同湯。ぜひ一度試してみて!

=========

信州ユースホステル旅情報



↑ ↑ ↑
ブログランキングにエントリー中です。ぜひクリックをお願いしますね。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。