プロフィール

信州マスター

Author:信州マスター

長野県YH協会





若旅★インタビュー

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking


↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキングにエントリー中です。応援のワンクリック
ぜひお願いします!

月別アーカイブ

カテゴリ

信州ツーリズム情報局 
信州全20軒のユースホステルオーナー(マネージャー)が、旬の旅情報をお届け! 季節の話題、イベント情報はもちろん、ユースホステル運営にまつわる、生活感たっぷりの(笑)奮闘記も綴って参ります
信濃毎日新聞7月4日11面
かつてユースホステルの機関紙として広く頒布された

ユースホステル新聞

しかし、今から
10数年前に廃止され、年四回発行の

とらいべる

に鞍替えされました。

創刊1号から35号までは今風なプロのモデルさんを起用し、毎号表紙を華やかに飾りました。

やがて経費節減からか、36号以降は外国の風景写真に差し替えられ、なんと37号をもって休刊、いや、厳密には廃刊の憂き目に遭ってしまうのでした。


それから約3年。
この夏、機関紙が装いあらたに復刊。
その名も

ホステリングマガジン


とらいべるとはかなり雰囲気が違います。
「マガジン」を名乗るには内容は希薄な冊子ですから、「プレス」の方がより相応しい気もしますが。。

そしてそれを紹介する記事が、昨日の信濃毎日新聞11面に掲載されました。



近年の若者の旅離れについて、各界の著名人が自分の経験を元に語りかける記事がメイン。

しかし

時代の変化著しい昨今。「若者」の定義を見直すべき時と思うのですが、いかがでしょう。

大学生?まさか高校生ではないですよね。

かつては60歳オーバーは老人扱いでした。30歳台は間違いなくおじさん、おばさん。
バカボンのパパは41歳ですから、私の5歳年下。ちびまる子のお母さんは30台です。

国鉄時代に発売開始され台ナイスミディパスは、30歳以上が対象。
かつての尺度において間違いなく30歳台は「中年」だった訳です。

また、フルムーンパスは2人合わせて88歳以上の熟年夫婦が対象のグリーン車フリーパス。
来年11月中旬以降、ワタシ達夫婦は2人は夫48歳、妻40歳の合わせて88歳になりますので、利用資格を得る「熟年カップル」ということになります。

しかし、妻はその前年までは30台で、国保の健診においては「若者健診」の対象です。

このように、この30~40年の時流の中で、晩婚化が進み、間違いなく若者、中年、熟年、高年の定義は変貌を遂げたと云えます。

今や30台は中年ではなく若者。お役所的に名付けるならば、20台は前期若年者、30台は後期若年者と呼んでも差し支えないのではと思います。

ユース関係者は、そのあたりを見誤ることのないよう、しっかりと戦略を立てていかなくてはなりません。


スポンサーサイト
ゲストハウス続々 ~今朝の信濃毎日新聞より
一昔前まで、一人旅向けの安宿といえば、ユースホステルは、いわば専売特許にような位置づけでした。

しかし、今は違います。

無作為に「外国名+ホステル」とネット検索すると、真っ先に「HOSTELS CLUB」というバックパッカーズ専門予約サイトが現れます。
ユースホステルとは違い、かなりマイナーな都市においても宿を見つけることが可能です。

残念ながら、国際ユースホステル連盟のサイトが一番上掲載されることはありません。

もちろんHOSTELS CLUBのサイト中においても、従来のユースホステルが名を連ねており、「Hi Hostel」と自ら名乗り、他との差別化を強調しています。
しかし、ユースホステルは今や少数派となってしまったことは否めません。


今朝の信濃毎日新聞に出ていました。
CIMG8380.jpg

長野駅前に2軒、須坂に1軒、小谷村にも1軒。ここには出ていませんが、上田市にも1軒「バックパッカーズ」を名乗る簡易宿所が存在します。

ユースホステルは50年も前から同じことをやってきましたが、何故かマスコミには見向きも去れず、最近の旅人宿の話題は専ら「バックパッカーズ」にさらわれてしまっています。

今から20年ほど前、日本のユースホステル界は「高級化」の志向をたどりました。ペンション風がもてはやされ、「ユースゲストハウス」の看板をかかげる「高級志向」の施設増加を促し、安宿のイメージ払拭に躍起になりました。
「ハード面」だけを星マークによって格付けし、心地よさや、楽しさ、アットホームさなど、いわゆるソフト面については一切の評価を避けました。
しかしこれには反対の声も多かったのも事実です。

ユースの最大の売りであるソフトを評価せずしていったい何を売るのか?

多くの関係者が是正を求めました。
しかし、多くの批判意見に対して、協会側は「ソフト面を公平に評価するのは困難」との理由を突きつけ、いまだに放置されたままです。

しかし、それがかえってユースホステルの「らしさ」を失わせてしまった要因であることは否めません。

そしてここ数年の大きなムーブメントに対し、手をこまねいている状態なのがユースホステル界ともいえます。

一泊3000円台で泊まれるビジホが台頭する中にあって、施設で劣るユースホステルが再び立ち上がるには、ソフトを充実する以外に手はありません。

ひとたび「バックパッカーズ」に向いてしまった潮流を引き戻すには相当な困難が立ちはだかっていることも、皆わかっています。


明日長野県協会の会議があります。議題のひとつに「ゲストハウス対策」なるものもリストアップされてはいますが、果たして。。。。。

さあ。どうする?

ユースホステル。