プロフィール

信州マスター

Author:信州マスター

長野県YH協会





若旅★インタビュー

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking


↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキングにエントリー中です。応援のワンクリック
ぜひお願いします!

月別アーカイブ

カテゴリ

信州ツーリズム情報局 
信州全20軒のユースホステルオーナー(マネージャー)が、旬の旅情報をお届け! 季節の話題、イベント情報はもちろん、ユースホステル運営にまつわる、生活感たっぷりの(笑)奮闘記も綴って参ります
日本ユースホステル協会開催の恒例「マネージャー研修会」

たどり着いたのはオリンピックセンター。



13時に開始、基調講演は旅行、航空産業評論家の鳥海高太朗氏であります。


最近、ひるおび!や、TVタックルなどのコメンテーターてのテレビ出演でも活躍中です。


イマドキの若者、特に大学生の旅事情についてのお話が聞かれました。




結論としては、今の若者、ことに大学生は旅に出ない。そういうことなのだそうです。
それでもユースホステル協会は相変わらず大学生をターゲットにしたいそうなのですが、はたしてそれが良いことなのかどうかそれは???

次に、慶應義塾大学の公認団体SALの学生さんが登壇。


彼らの普段の旅のスタイルをありのままに発表してもらい、イマドキの若者旅事情を認識してもらうという狙いです。



しかし終始一貫「外国旅行の体験談発表会」の感はぬぐえず。

しかも海外旅行の宿はAIRBnBか、ゲストハウスとの由。
残念ながらユースホステルに泊まったという言葉はひとことも聞かれずガックシ(x~x)

講演後質問を投げかけてみました。

ユースホステルに泊まったことがありますか?


ありません。

ではユースホステルの会員証もお持ちではないのですね?

(申し訳なさそうに)はい。

それ以上突っ込みようがありません。私たちはどうすればいいのでしょうか?

ただ、若者の旅事情の現実が突き付けられただけで、YHは結局彼らのニーズにハマっていないということだけが明らかになったのでした。

理想としては、研修会前にそうした事実を受け止め、彼らを実際に全国のYHにモニター宿泊させるなどして、意見や感想、助言などを虚心坦懐に求めることができたならば、一定の方向性も見えてきたのではないかと感じました。

結論としては、今の若者が旅の宿に求めるのは

1.ネットで予約できること
2.レビューが高いこと
3.安いこと
4.Wifiがあること

に尽きるということでした。

ネットで予約できないYHが少なくはありません。
ネットサイトでの露出が少ない故に、レビューが十分でないYHも結構あります。
安いのは安いです。でもビジター料を加算すると価格競争力が失われます。
WifiのないYHも珍しくはありません。


失意の年長ペアレントさんたち、若者のニーズに応えることに自信を失ってしまった模様です(笑)。


翌日は、それぞれのYHの事情、志向を勘案しグループ分けがなされました。



今後若者を積極的に受け入れるかどうか
=================

A.総合力で対応している(主として直営施設)
B.若者を積極的に受け入れたい
C.不十分だが頑張りたい
D.十分な対応はできない


「若者」の定義がハッキリしませんが、そもそも「若者を積極的に受け入れるか否か」というスタンスが統一されていない時点で、「それってどうなの?」の感はぬぐえません。

もちろん私は「B」を選択。

Bを選んだ人はそれでも20人程度にとどまり、同席には、清津峡YHさん、駒ケ根YHさん、遠野YHさん、ときわ湖畔YHさん、仙台千登勢YHさん、小千谷ふるさとの丘YHさんでありました。


驚いたことに、「D」を選択した施ペアレントさんが少なくありません。
前日の大学生の発表を聞いて、ネット予約を始める気もない、Wifiを導入する気もない、そんなお宿さんが一団を結成した模様です。

しかしそれでは何のために「ユース」の看板を掲げているのでしょうかネ?


それともシニアホステルに向かってまっしぐら。(いまでも既にそうですが。。。。)


なかなか打開策を見出すのは難しいですね。マヂで。(涙)


スポンサーサイト
春爛漫の信州
3月の平均気温は観測史上最高だった模様です。

信濃毎日新聞4月4日付記事より

====

3月の平均気温が、県内30の観測地点のうち25地点で統計開始以来、最高となったことが3日、長野地方気象台のまとめで分かった。例年にない暖かさを受け、県内の小売りでは春物衣料の売れ行きが好調だった店もある。一方、春スキー営業をする県内スキー場や農作物への影響を懸念する農業関係者らは、今後も同様の傾向が続くのか気をもんでいる。

 平均気温が観測史上最高値を更新したのは、長野(6・2度)、諏訪(6・1度)、軽井沢(3・5度)など20地点。飯田(8・1度)、松本(6・8度)など5地点はこれまでの最高値と同じだった。いずれも平年より0・8〜3・3度高かった。同気象台によると、中旬以降に高気圧に覆われて晴れた日が多く、特に下旬は南から暖かい空気が入り込みやすくなって気温が上昇した。

 「3月中旬から春物が一気に動き始めた」。ながの東急百貨店(長野市)の婦人服売り場の担当者は話す。例年、4月に入ってから売れだす春物のズボンは、3月後半の売り上げが前年同期比15%増。スカートも15%増、カットソーは10%増だった。4月に入っても暖かさは続き、例年は4月中旬から販売を始める夏物を、今年は5日ごろから徐々に取り扱う予定だ。

 松本パルコ(松本市)でも3月に入り来店者が増加基調となった。広報担当は「暖かい陽気で街に出掛ける人が増えているようだ。春物の衣類も全体的に売れている」とする。

 一方、春スキー営業を続けるスキー場関係者は、雪解けの進み具合を気に掛ける。エイブル白馬五竜(北安曇郡白馬村)は、標高の高いゲレンデの営業を例年通り大型連休まで見込むが、「麓のエリアは例年より早く閉鎖するかもしれない」と営業担当者。「これだけ暖かいと、これからどうなるか」と不安げだ。

 大北農協(本所・大町市)によると、今年はリンゴの花芽の成長が例年より5日ほど早い。心配なのが今後の降霜による凍害。同農協管内では例年4月下旬ごろに霜が降りるが、開花期と重なれば、収量や品質に影響する可能性がある。営農部の担当者は「今後の気候がどうなるか。気が気でない」とする。

 同気象台によると、4月前半は高気圧に覆われて晴れる日が多く、特に1週目(6日まで)は気温が高くなる見込み。2週目(7〜13日)は平年並みだが、その後は再び高温傾向という。

=======


そのせいもあって、松本では早くもソメイヨシノが満開。4月の4日に満開だなんて、東京や大阪じゃあるまいし、いくら何でも早すぎです。
例年この時期は移動性高気圧が次々やってきて、2-3日のサイクルで晴れと雨を繰り返しますが、今年はもう10日間も晴れ続き。

各地で桜祭りが予定されていますが、いまさら早めることも出来ずに、葉桜の桜祭りを強いられるところが多数出てきそうな予感です。

さすがに飯山は豪雪地帯なのでまだ開花には至っていませんが、庭のソメイヨシノの枝に目をやると、いつになく膨らんでいるのがハッキリとわかります。

北陸地方は豪雪でしたが、信州は意外にも寡雪だったのです。

春スキーを売りにする白馬エリアのスキー場もかなり危機感をもっているようです。