プロフィール

信州マスター

Author:信州マスター

長野県YH協会





若旅★インタビュー

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking


↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキングにエントリー中です。応援のワンクリック
ぜひお願いします!

月別アーカイブ

カテゴリ

信州ツーリズム情報局 
信州全20軒のユースホステルオーナー(マネージャー)が、旬の旅情報をお届け! 季節の話題、イベント情報はもちろん、ユースホステル運営にまつわる、生活感たっぷりの(笑)奮闘記も綴って参ります
ふじリンゴ収穫最終盤
信州は「ふじ」の収穫最終盤。

あらゆるリンゴの中で最も樹上にとどまる期間が長く、長い時間をかけて熟すその品種は他の追随を許しません。

他のリンゴは食べないけれど、フジだけは別格 という人も少なくはありません。 多くの人が好む「蜜入り」となるのもまたふじの特徴でもあり、多くの人が血眼になってフジを買い求めています。


実際、各地の共選所では「ふじまつり」なる特売日が設けられることも少なくなく、来週の勤労感謝の日頃までは毎休日にはイベント会場では多くの人で賑わいます。


おなじふじでも、実は多様な品種があります。 青森産のふじは降雪が早いこともあり、信州のふじよりも早く色づく「着色重視品種」です。信州産のふじでも、真っ赤になるフジもあれば、縞模様が目立つ、赤というよりも橙が強くなる品種もあります。

いずれにせよ、信州のふじは「樹上完熟期間」があらゆる果物の中で一番長いのは間違いなく、そのかかった時間の分だけ、美味しさもぴか一なのであります。

スポンサーサイト
小布施にて
昨日は台風接近のなさか、小布施に行ってきました。

まずは竹風堂の駐車場に車をとめて、竹風堂本店をのぞくと、丁度長野朝日放送さんがロケ中でして、アナウンサーの楠原さんと目があいました。

嬉しいことに「木島平の中村さんですよね」とお声がけいただきまして、ちょっと感動。
2013年に取材でお越しいただいたことがあるんですね。

ちなみにこの方。
fc2blog_201307052252129b0_20160921163224f66.jpg


驚くほど顔が小さい、美人さんであります。

さて、小布施にやってきたのは、母ちゃんが毎年恒例の「栗の渋皮煮」をつくるための栗を買うため。

あちこちで売っているのですが、小布施の中心部の駐車場ひろばにある露店は実に親切丁寧。


これだけの大量の観光客が次々やってくるのに、本当に愛想のいい店員さんたちです。

おもわず聞いてしまいました。

「こちらさん、いつも本当に気さくで親切ですよね」


すると店員さん、屈託のない笑顔で


「小布施の人はみんな親切だから」


(^_^)v

かあちゃん、悩んだ末、3Lサイズを購入。
10月に入ると、さらに甘い違う新種が出てくるそうです。



市街地を後にして、フローラルガーデン小布施へ。
こちらではブドウを物色。


今日気づきました。

シャインマスカットを買うなら近隣ではここが一番安いということを。

例によって少し黄色がかったものを選んで購入しました。

竹風堂の栗あんソフトを食べ


穴観音の湯に立ち寄り、小布施町を後にしました。